APIC 感染予防のための手指衛生プログラムガイド 日本語版刊行

APIC_banner

 院内感染予防にもっとも効果的なのは、患者ケアに関わるすべてのスタッフが決められたタイミングで適切に手指衛生を行うことである、というのは十分な科学的エビデンスに基づいた、確立された事実です。しかしいまだ多くの施設で、手指衛生の遵守率がなかなか上がらないという現状が見られています。

 ゴージョージャパン株式会社では、順天堂大学医学部教授 堀 賢先生をはじめとしたアドバイザーの先生方(堀 賢先生、吉田 理香先生、藤田 烈先生)のご指導によって、病院の手指衛生遵守に取り組むICTをサポートするために、Hand Hygiene Challengeというプログラムを実施しています。
 このプログラムを通して得られたキーワードは、戦略・ガバナンス・PDCAサイクルといったものでした。つまり手指衛生遵守向上プログラムの実践に当たっては、通常の医療関連の知識だけではなく、組織を動かす難しさを克服するための知識やノウハウが必要であることが見えてきたのです。

 2015年7月に発刊された、APICの新しいImplementation Guide “Guide to Hand Hygiene Programs for Infection Prevention” は、実際にプログラムを実践するときに必要な「組織の作り方」、「プログラムの動かし方」や、「行動変容のための戦略(人の行動を変えるにはどうしたらいいか)」、といった点に言及しているところが大きな特徴で、より実践に役立つことを考えたガイドラインとなっています。
 ゴージョージャパン社は、APICから公式に承認を取得し、Hand Hygiene Challenge 研究会の先生方に監修をお願いして、日本語翻訳版を作成いたしました。

 また、このガイドラインを参考にして、日本の病院で手指衛生遵守向上プログラムを実際に成功に導くために何が重要か、監修の堀賢先生と吉田理香先生にご講演をお願いしてセミナーを実施いたします。詳細はセミナーご案内のページをご参照ください。