Good Hand Hygiene医療従事者向け手指衛生サイトGood Hand Hygiene

お問い合わせはコチラ

感染症トピックス

2016年8月のトピックス -ジカウイルス感染症その3

カテゴリー:新興感染症

2016/08/31

 ジカウイルス感染症に関する最新情報・話題をお届けします。

(1) WHO 最新situation report(2016年8月25日)

● リオオリンピックに関連した、新規の感染確定例の報告は今のところありません。
● これまで感染者確認と報告した国は累計で70カ国になりました。そのうちジカウイルス感染に関連すると考えられる小頭症/CNS 先天性異常を報告したのは20カ国で、患者数は合計1,939人(ブラジル1,835人、コロンビア29人、米国21人)です。
WHO Zika situation Report (25 August 2016)

(2)米国カリフォルニアにおける地域流行(2016年8月29日)

 フロリダ州ではPinellas、Palm Beach そして Miami-Dade郡において戸別訪問による診断調査を実施中。その結果として報告される感染例数が増加しています。現時点で確認された地域内感染例は43例(渡航中感染したと考えられるのは545例)。妊娠中の女性で感染が確認されたのは75例。
フロリダ州保健局HP Department of Health Daily Zika Update

(3)シンガポールの状況(2016年8月28日)
 2016年8月28日、シンガポール保健省は国内でジカウイルスに感染した症例が41例確認されたと発表しました。このうち36人は感染疑いがある人を対象とした調査の結果判明したものです(無症候もしくは軽症)。全員がAljunied Crescent/Sims Drive地域の住民もしくは労働者。7人入院中。
シンガポール国立環境局ニュースリリース(28 Aug 2016)

(4)治療薬候補物質の発見

 NIH、National Center for Advancing Translational Sciences (NCATS)の研究グループは、ジカウイルス感染によるヒト脳のダメージを阻害する活性のある薬剤が3つ見つかった、とNature Medicineに発表しました。
Johns Hopkins大とフロリダ州立大の研究グループが開発した、ジカウイルス感染によるダメージを観察できるヒト脳細胞実験系を用いて6,000の化合物をスクリーニングした結果、emiracsan, niclosamideそしてPHA-690509が見出されたということです。
 emiracsanはC型肝炎治療薬として臨床試験中、niclosamideは寄生虫治療薬として承認済み、そしてPHA-690509は抗ウイルス薬として研究中の化合物でcyclin-dependent kinase(CDK)阻害薬です。
これらの化合物は、今後動物実験によってさらに治療薬としての可能性を探っていく予定です。
Johns Hopkins ニュースリリース(29 Aug 2016)

«   »