Good Hand Hygiene医療従事者向け手指衛生サイトGood Hand Hygiene

お問い合わせはコチラ

感染症トピックス

2016年10月のトピックス -医療従事者がMERS感染したリスクは?

カテゴリー:医療関連感染(HAI)

2016/10/31

MERSを覚えていますか? 2012年に、重症急性呼吸器症候群の原因がMERS-CoVと同定されてから、中東で連続的にアウトブレークの報告がありました。現在も散発的な報告は続いており、直近では10月26日にサウジアラビアで新規感染報告が発表されました(1)。WHOのアウトブレークニュースは9月21日時点までしか更新されていませんが、その時点までに確定診断された累計患者数は1,806人、死者643人と発表されています(2) 。

 

MERSの特徴は、ほぼ全ての感染例が中東地域に関連しているということ(他国で起きたものも中東からの旅行・帰国者が初発ケースでした)と、アウトブレークの多くが医療機関で起きているという点です。2014年にサウジアラビア国内でおきた255のMERS症例の31%は医療従事者でした。医療従事者以外の感染者も、その87.5%が患者ケアに関連して暴露したことが分かっています(3)。

今回CDCが発行するジャーナルEIDに、医療従事者がMERS-CoVに感染した状況を調査し解析した結果が発表されました(4)。感染管理上有用な情報と思われましたので、今月のトピックとして取り上げました。

 

調査とサンプル収集は、アウトブレークを経験した363床のKing Faisal Specialist Hospital and Research Centerにおいて、2014年5月~6月のアウトブレーク終了後に実施されました。この病院には3月24日から5月3日までの間に17人のMERS患者が入院しました。患者が入院したmedical intensive care unit (MICU)と、emergency department (ED)を第1、2グループ、疑い例も含む感染者が一人もいなかったと考えられた神経科病棟を第3グループとし、この期間に業務に携わっていた全ての医療従事者に参加を呼びかけました。その結果80%にあたる292人がエンロールされ、血清サンプルの提出とアンケートへの回答に協力しました。

血清学的調査によって、症状が出なかった人や軽症だった感染者も検出することができました。その結果、MICUのスタッフにおける感染率は11.7%と、これまで報告されていたよりもかなり高いことが明らかになりました。全体の感染率は8%で、250人中20人が当時感染していたことが判明しました。ちなみに、グループ3の抗体陽性者はゼロだったそうです。

業種別では、放射線技師の感染率が29.4%(17人中5人)と最も高く、次に看護師の9.4%(138人中13人)が続きました。

抗体陽性者(感染した人)の症状としては、発熱や頭痛を伴った人が半数以上いる一方で、症状がなかった人が3人(15%)、軽症だった人が12人(60%)いました。

今回のこの解析で、アウトブレーク期間中の医療従事者の感染率がかなり高かったことと、無症候や軽症など症状に大きな幅があったことが明らかとなりました。軽症の人たちから次の感染につながる可能性もあり、症状に頼らない感染管理の重要性が改めて確認されたことになります。

ちなみにこの病院では、MERS-CoV感染が確認された患者さんは、すぐに全員陰圧制御の個室に移されたそうです。また、医療従事者は様々な国から来ているが全員流暢な英語を使えるとも書いてありました。サウジアラビアということもあり、かなり設備の整った病院であることが想像できます。

MERS-CoV感染対策には、基本的に標準予防策が重要だと言われておりますが、今回の解析では、普通のサージカルマスクとN95マスクの間で感染有無に違いがある可能性が示されました。濃厚接触する頻度が高いMERSケアにはN95マスクが必要なのか、今後さらに解析や議論が進むことが期待されます。

さらに、MERSに関する研修や教育を受けたことが、感染有無に影響している可能性が示唆されました。アウトブレークが起きてしまうとゆっくり教育を受ける余裕がなくなることもあります。平時から感染管理に関する教育の機会を持ち標準予防策が守られるようにしておくことが、アウトブレーク管理の基盤となることが改めて示されたと思います。

 

(1) サウジアラビア保健省プレスリリース

(2) WHO: Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV)

(3) N Engl J Med. 2015; 372:846–54.

2014 MERS-CoV outbreak in Jeddah—a link to health care facilities.

Oboho IK, et al. 

(4) Emerging Infectious Diseases Volume 22, Number 11—November 2016

Risk Factors for Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus Infection among Healthcare Personnel.

Basem M. Alraddadi, et al.

 

«   »